NPO白神ねっと 今さら聞けないインターネット

そうだったの?今さら恥ずかしくて聞けないインターネット、パソコン、スマホについての記事です。

子供から年配の方まで。 顔のみえる安心安全インターネットライフに、白神ねっとをご活用ください。

インターネット接続

白神ねっとの事務局、大山です。
何を隠そう(隠さずに)私はインターネットについては技術者ではなく、正直に言えば素人が仕事として日々勉強しているというのが本当の姿です。(笑)

その素人の私が分かったことを、素人の言葉で書いていこうと思います。
その方がもしかしたら、分かりいい?かもしれないというかすかな期待感をもちながら、用語の使い方等正確ではない場合もあるかもしれませんのでご容赦ください。

今回はちまたで言われているWi-Fi(ワイファイ)についてです。
これ、分かってるだけでなんとなくすっきりするような気がするのは私だけでしょうか(^_^;)


インターネットをするには、パソコンであれタブレットであれスマホであれ、NTTの光回線の電波なり、携帯大手3社(docomo、au、softbank)の電波(4GとかLTEとか言われているもの)なりを使わないといけません。Wi-Fiって何?と恥ずかしくて聞けない方、Wi-Fiとはこの電波のことを言います。

そのうち、○○光とよく言われているものは、実はすべてNTTの光回線です。支払いをNTT以外の別会社にしているだけです。別会社なので会社によって価格が違います。つまり、NTTが別会社に光回線を卸しているのです。白神ねっとでは、秋田市のCNA(秋田ケーブルテレビ)と提携し、CNA光をご紹介していますがどこの○○光であっても、プロバイダ(インターネット接続会社)として白神ねっとをご利用頂けます。

また、○○モバイルとか格安○○とかと言われているものは携帯大手3社の電波を利用して価格をおさえてサービスを提供しています。白神ねっとでは、白神モバイルサービスとしてdocomoとsoftbankの電波を利用している格安シムを提供しています。格安シムとは大手3社の電波を利用してインターネットをするためのとても小さなカードで、使う端末やルータに差し込んで利用します。シムフリー端末とはこの格安シムを使うことができるPCやタブレット、スマホのことを言いインターネット通販等で簡単に購入できます。


<ここまでのまとめ>
インターネットをするには、光回線か携帯会社の電波を使う。
1.光回線を販売している会社はNTT本体と別会社がある。(例:CNA光=白神ねっと提供)
2.携帯会社の電波は大手3社と別会社がある。(例:格安シム=白神ねっと提供)



さて、何事も我々消費者は、よりよいものをより安くより安心して利用したい。当たり前ですね。
まず、1つ目、光回線を安く利用するには?

先にお話した通り、○○光という会社によって価格が違うわけですから、安いにこしたことはありませんが、危ない?のはあちこちからの電話営業です。巧妙なプランにして結局は高い利用料を支払わされるということになりかねません。特に光回線は一度契約すると他社に切り替え(転用)するのを2年間禁止されています。現在秋田県内でこの○○光を提供しているのは先程のCNA社を含めて2社程度ですので、この電話営業はほぼ県外からかかってきていることになります。また現在、CNAもしくは白神ねっとではCNA光に関する電話営業はいっさい行っておりませんので、光回線に関する営業電話がかかってきた場合は慎重になさって下さい。

ところで光回線の価格です。
NTTの光回線の公示料金は、一般の戸建てで5700円(以下、税別)、マンションタイプで4300円程度です(2年割等を除く)。これを、例えばCNA光にしますと、同じ光回線の使用料が、戸建てで一律4,300円、マンションタイプで3,300円になります。これにインターネット接続会社(プロバイダ)の料金が加算されますが、基本的にプロバイダはどこでもOKです。ちなみに白神ねっとではCNA光+特別パックで利用料が1,500円から500円割引されて、月額1,000円でご提供できます。(大手プロバイダで約1,200円前後です)

つまり・・・
NTT光回線+プロバイダ料で(戸建て)、5,700円+1,500円として合計7,200円
それが白神ねっとに申し込むと・・・
CNA光回線+プロバイダ料で(戸建て)、4,300円+1,000円となり合計5,300円になります。
なんと、毎月1,900円もお得です。

さらに、光回線の新規申し込みはNTTの工事費18,000円が必ずかかりますが、なんとこの代金をCNAと白神ねっとが負担しますのでこの代金そのものが無料になってしまう特典まであります。

また、後述しますが携帯会社の電波との違いはデータ通信量をまったく気にせず24時間無制限に使用できるという点です。この光回線の電波を中継機等を利用すれば、家中にWi-Fiとして飛ばすことが出来ます。この利点は家に居る時はパソコンはもちろん、家族のスマホやタブレットをすべてこの光回線のWi-Fiにつないで利用することによって、携帯会社のデータ通信料の契約(○GBとか言われているもの)を全く消費せずにインターネットができるということを意外に知らない方もいます。


次に2つ目、携帯会社の電波を安く利用するには?

携帯会社の電波を使うには、前述した小さなカード、シム(SIM)というものを端末に差込んで利用します。スマホやタブレットなどの端末だけあっても上記の光回線等のWi-Fiと接続すればデータ通信は使えますが、単独ではこのシムがささってないと動かないということになります。

またシムには2種類あって、音声(電話)とデータ通信ができるものと、データ通信のみしかできないものとがあります。例えば、スマホに音声+データシムがささっていれば通話もインターネットも出来ますが、データ通信のみのシムの場合は通話はできません。よってこのデータ通信シムはタブレット等に利用されてきましたが、最近ではスマホに2枚のシムを差し込み、同時に利用できる(デュアルシム・デュアルスタンバイシムフリー端末等が出てきており、格安シムを使っていろいろな使い方ができるようになってきました。(例:1台のスマホで電話番号2つ待受、1台のスマホを電話としてもWi-Fiルータとしても使える等)

さて、価格です。
実は大手3社の価格を分かりやすく提示するのは非常な困難がともないます。
この格安シムが登場してからというもの、大手3社のプランと価格は非常に複雑です。

ただ大雑把に把握して頂くとしたら、スマホを大手3社で契約して月額7,000円程度最低かかるとしたら、格安シムを利用すればこれが約半額か、あるいは最小限にすれば月額2,000円程度で利用できてしまうと理解していいと思います。(端末代は別)

大手3社(キャリア)の価格帯はみなさんお使いになっている方々が感覚的に一番よく分かっていると思うので、ここでは、白神ねっとが提供する白神モバイルの格安シムの価格を例にとって説明していこうと思います。白神モバイル格安シムのプランはとてもシンプルです。

※GBは月間データ量、金額は税別
<音声+データシム>  <データシム)
    1GB 1,980円      1,000円
    3GB 2,480円      1,200円
    5GB 2,980円      1,980円
  10GB 3,980円      2,980円

100GB  =         4,700円
※100GBはポケットWi-Fiルータプラン用ですが、シムのみのご提供も可能です。

これに音声通話が生じた場合は通話料が加算されますが、オプションでかけ放題を追加できます。
※10分間かけ放題   850円
※120分間かけ放題 1,980円

その他、留守電サービスやキャッチホン、追加クーポン、白神メールなどもオプションで追加するしないを選択できます。(データシムにはSMSがないのでオプション追加で可能=200円)

シムフリーのスマートフォンやタブレットをインターネット等で購入し、上記のシムを差し込むだけでシンプルで安価な価格帯で安心してお使いになれます。大手3社からの電話番号の同番移行(MNP=マイナンバーポータリング)もできます。

ちなみに今までスマホ一台に12,000円位毎月かかっていた人が、白神モバイルのシムに移行しかけ放題をプラスしても毎月4,000円代になった(毎月8000円お得)という方もいらっしゃいます。

ただし・・・ここで大手3社(キャリア)ではできて、格安スマホではできないことがあります。
当然、1)大手3社との契約ではありませんので、キャリアメールは使えなくなります。
また、2)人気アプリ、LINEのID検索ができません。

でも解決策があります。
1)に関してはどうしようもありませんが、フリーのgmailに移行したほうが便利ですし、白神のメールアドレスも使えます。一度周知してしまえばメールに困ることはないでしょう。
2)に関しても問題ありません。相手の電話番号、またはメールアドレスさえ分かっていれば相手に自分をライン登録してもらえますし、またその逆も可能です。


最近思うに賢い使い方を書いてみます。

まず、固定電話が要らないよ、ネットもそんなに使わないよという方。
毎月1,980円でスマホを一台持てばそれで済みます。

固定電話は要らないけど、ネットは少しだけ楽しみたいという方。
3GB位からスタートして自分が毎月平均どれ位を使うかみてみる。
それに応じて、コースを変更(5GB、10GB)する。または少ないコースに減らす。

固定電話要らない。でも家でネットは十分使いたいという方。
100GBのデータシムプラン、またはそのポケットルータプランと1GB音声プランを申し込む。
光回線を使わなくても、パソコンを含め同時に9台までWi-Fi接続できます。

家に光回線を入れたくない。(工事等で壁に穴をあけたくない)
自分の地域が光回線対象地域ではない。

100GBのデータシムプラン、またはそのポケットルータプランを申し込む。

家では家族みんながインターネットし放題。
光回線を入れて、Wi-Fiで家中飛ばす。台数やデータ量を気にせず利用できます。


他にも賢い使い方がたくさんあるかもしれません。
パソコンはもちろん、インターネットを利用したスマートフォン、タブレットはとても便利です。
快適になるべく安くお使いいただけるように、白神ねっとではNPO活動を今後も続けて参ります。


(事務局 大山金昭)

好評開催中!!ショップではきけないアレコレもOK
NPO白神ねっと スマホ・タブレット体験教室
毎月2回開催 10:30~12:30
能代商工会館研修室 定員8名 要予約 無料!!


TEL:0185-89-1755(平日日中9:00~17:00受付)



インターネットに接続するのは次の二つが必須になりますね。

① 回線(NTTなど)
② 接続プロバイダ



で、できるだけ分かり易く、単刀直入に。
NPO白神ねっとに電話するだけです。

TEL:0185-89-1755
(平日8:30~17:30)


① NPO白神ねっとに、「新規に光回線をひきたいんだけど」とお電話下さい。

② 白神ねっとと提携しているCNA(秋田ケーブルテレビ)経由で、NTTの光回線の新規工事日が決まります。

③ 接続プロバイダーがまだお決めになってない場合は、ぜひNPO白神ねっとをご利用下さい。


・・・ この3つをNPO白神ねっとにお申込み頂くと ・・・

なんと・・・ 大特典 多数!!

① NTTの光回線工事費、18,000円(税別)が無料になるんです!!
  (CNAと白神ねっとがこの工事費を負担します)

② NTTの回線使用料(月額)、5,700円(税別)が、4,200円(税別)まで安くなります。

③ 白神ねっとのインターネット接続料(月額)、1,500円(税別)が、1,000円(税別)になります。




これ、結構すごいと白神小僧は思います。

 

スマホの通信速度のことです。

電波のアイコンのところにLTEと小さく表示されているとLTE速度でデータ通信可能という意味。
また、4Gとか3Gとかと表示されていればその規格の速度(スピード)でデータ通信可能という意味です。

つまり、LTEや4G、3G等の表示はデータ通信速度のことなんですね。

で、 LTE=4G なんだそうです。
3Gはそれよりスピードが落ちる。

ストレージ制限の契約が2ギガ(2G)とか3ギガ(3G)とはまったく別なので混同しないでね。
これはデータ通信量のトータルの大きさが2G、3Gまでですよという意味で、これより増えると通信速度に
規制がかかりますよ~(たとえば4Gから3Gになりますよ~)とかっていう感じです。

若い方はすぐに理解できるようですが、年配者にとってはこんがらがるのでご容赦を。

LTE4G
 

すべての機種を確認できてはいませんが、
Wi-Fiではインターネットにつながるのに、3Gまたは4G(LTE)ではネットにつながらない!!

なぜ?

スマホの通知表示の上(画面上側)からさらに下にスワイプすると設定画面がでてきます。
その中に、「データ接続」という項目があるかどうかみて下さい。
そこがオフになっていればデータ通信ができないようです。
ただし、Wi-Fiにはつながります。

そのアイコンをタッチし、オンになればネットに接続されます。

操作中に分からず、そこが自然にオフになっている場合があるようです。
 

最も多く質問を頂くケースがこれです。

白神ねっとに問合せを頂いた場合、順にお伺いすることを以下にまとめますが、
その前に!!・・・ してほしいことがあります。

今までつながってなかったのに、つながらないという場合、まずしてほしいのが・・・
「モデム」または「ルータ」または「無線ルータ」等の電源コンセントの抜き差しです。
意外にこれでつながることがあり、え~~~、なんで!?ということがよくあるのです。

・・・
・・


それはさておき、以下順に確認してほしいことを書いていきます。

チェック1)ユーザアカウント(SIN番号と回線種別の識別子)を確認して下さい。

  SIN01234@***.shirakami.or.jp

  問)SIN番号はあっているか?(SINは大文字です、小文字で入力されてないか? 0を抜いていないか?)

  問)回線種別はあっているか?(識別子を@のあと、入れているか?)

  問)SIN番号だけでなく、@以降もすべて入力しているか?

  問)接続パスワードはあっているか?(メールまたはFTPのPWをいれてないか?)

 

  ※ユーザアカウントが@以降、1文字でも間違っていればサーバにパケット自体が飛びません。

  ※パスワードが間違っている場合はパケットは飛びますがネットにはつながりません。


チェック2)ルータのPPPランプは消えていますか?

答)PPPが消えてる

 

  → 他に無線のルータとかありますか?

    ある→問)そちらのランプはどうなっっていますか?

       問)スイッチはどうなっていますか? → AutoからRtにする。

        (たいていAuto、Rt、Apの3つでほとんどの場合はAutoになっている)

      →電源を入れ直す

        バッファロー社のルータ(無線ランルータ)の場合、ACアダプタが壊れている可能性があり。その場合はルータの後ろ側にあるランのランプがとても早い点滅になる。

    ない→ルータの電源を入れなおしてみる。

       コンセントを抜いて10分から15分位して再度コンセントに差し込む

       2~3分待ってPPPが点灯するかどうか確認してもらう 



答)PPPがついている

 

  → 実際にルータとインターネットがつながっているかどうかを白神ねっとで確認します。
 

◯白神ネットでつながっていることを確認できた場合

  ルータと回線には問題がなくそこから手前の会員さん側の環境、ラン設定(無線含む)とか、PC側になんらかの問題がある可能性があります。

 

白神ネットでつながっていないことを確認できた場合

  PPPはつかないはずです。
  ルータを含む会員様側になんらかの問題あるか、NTTの回線(工事)になんらかの問題がある
  可能性があります。

 

↑このページのトップヘ